top of page
検索
  • ひだか犬猫病院

子猫に牛乳は定番ですが…

じめじめとした梅雨が明けて本格的な夏が始まりました🌞

6~7月は子猫を保護される飼い主様が多くなる季節ですが、実は子猫あげないほうが良い飲み物があります。


それは「牛乳」です!


驚いた方もいるのではないでしょうか?

なぜ牛乳をあげないほうがいいのか…それは「乳糖」を分解するラクターゼという酵素が少ないため、下痢をおこしてしまう可能性があるのです😱

そして子猫はまだ体が小さい為、下痢を起こすと脱水症状になる事も考えられます💦


また、下痢をしなくても牛乳では猫に必要な栄養素が完全にはそろっておらず、長期間牛乳のみを与えていると栄養不足となるのでやはりおすすめはできません。


では何をあげるべきなのか🤔

食べ物の種類や形状も大事ですが、回数も重要です。ご飯をあげない間隔が長ければ、低血糖になる恐れがあります。特に生まれたての子猫は注意しましょう⚠


生後0~2週齢頃であれば、猫用のミルクがあるのでそれをあげてみてください🥛

スーパーやホームセンターのペット用品の所に売っているのでお手軽に手に入ると思います。温度は38~40℃が最適です。熱すぎると火傷し、冷たいと下痢を引き起こします。

頻度としては2~3時間おきに1回(1日に8回程度)のペースです。


乳歯が徐々に生えてきている場合は、専用の離乳食や子猫用のドライフードをふやかして1日に6回程度のペースであげてみてください。ドライフードをふやかした場合、そのふやかしたお湯はビタミンなどの栄養が入ってるので捨てずにあげてください‼


乳歯が完全に生えそろっていれば、フードをふやかさずとも食べられると思います。ウェットフードも水分がとれるためおすすめです。この頃であれば1日に3~4回のペースで大丈夫です。


年齢や体重によって1日に必要なご飯の量は変わってくるため、商品の裏面に書かれてる表を参考にしてあげてみてください。


今回は子猫に牛乳はあまりあげないほうが良い

とご紹介させていただきましたが、ご飯だけではなく子猫を保護した際は

  • ノミダニの駆除

  • ウイルス検査

  • 便検査

  • ワクチン接種

なども必要なため、一度動物病院で受診することをおすすめします☺







閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

正月太りの後の・・・

ダイエットをされている飼主様~fightです(^-^) ワンちゃんには正月は関係ないでしょうが、ひょんなことの積み重ねで肥満になります。 ポッチャリなワンちゃん、なんだかホワっとしてて可愛いですよね(*'ω'*) ですが!人間同様、肥満は健康面で問題を抱えることもあります。 長期的な肥満は糖尿病・がんなどの病気のリスクを上げますし、呼吸器疾患にかかりやすく 熱中症にもなりやすいです。関節への負担も

寒暖差

10月はお祭りの笛や太鼓の音があちらこちらから聞こえ、久しぶりに賑わいが戻りました。 季節ごとの行事を楽しめる日常が戻り嬉しくなります。 過ごしやすい季節ではありますが、朝晩の寒暖差が大きく体調を崩しがちになってきます。 わんちゃん、ネコちゃんも気温の差が大きくなると身体に負担がかかりやすくなります。 嘔吐や下痢で来院される方も少なくありません。 気温の変化で体調のトラブルの原因になることがありま

Comments


bottom of page