top of page
検索
  • ひだか犬猫病院

春ですよ〜🌸

ヒノキ花粉に負けているスタッフKです(´;ω;`)


1月行く

2月逃げる

3月去る

の如く、バタバタバタバタ・・・と過ぎていきました📅


そんな中、うちの子が病院のお世話に😸

正月頃までお腹のお肉がポヨンと垂れ気味の少しポッチャリの子だったのが

なんだかほっそりしてきたな。って感じだし、

おっしこの量が多いかも。。。

そして、ある日早朝から胃液のみの嘔吐を繰り返し「おかしい!」と病院へ。

糖尿病でした。

体重が1ヵ月ちょっとですごく減ってしまってた事や、もっと早く病院に連れてかなかった事に

申し訳なさと後悔と情けない気持ちになりました。


糖尿病の症状として↓

◎尿の量が増える

◎水を飲む量が増える

◎食欲はあるのに体重が減る

◎お腹が腫れている

◎嘔吐や下痢をする

◎昏睡や意識障害


落ち込んでる私に他スタッフがかけてくれた言葉ですが

❁少しでも悪くなる前に気付けて良かった❁



飼主さんが【いつもと何か違う】に気付き受診されることに、

【遅い】はなく【少しでも悪くなる前に気付けて良かった】だと思います。

なので、飼主様にしかわからない【サイン】を見つけたら

迷わず受診してくださいね。

もし受診され悪いとこが何もなければ、それはそれで安心。です(*'ω'*)






閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

正月太りの後の・・・

ダイエットをされている飼主様~fightです(^-^) ワンちゃんには正月は関係ないでしょうが、ひょんなことの積み重ねで肥満になります。 ポッチャリなワンちゃん、なんだかホワっとしてて可愛いですよね(*'ω'*) ですが!人間同様、肥満は健康面で問題を抱えることもあります。 長期的な肥満は糖尿病・がんなどの病気のリスクを上げますし、呼吸器疾患にかかりやすく 熱中症にもなりやすいです。関節への負担も

寒暖差

10月はお祭りの笛や太鼓の音があちらこちらから聞こえ、久しぶりに賑わいが戻りました。 季節ごとの行事を楽しめる日常が戻り嬉しくなります。 過ごしやすい季節ではありますが、朝晩の寒暖差が大きく体調を崩しがちになってきます。 わんちゃん、ネコちゃんも気温の差が大きくなると身体に負担がかかりやすくなります。 嘔吐や下痢で来院される方も少なくありません。 気温の変化で体調のトラブルの原因になることがありま

bottom of page